【女性必見!】30代から副業で稼ぐ方法(vol.1現状)

こんにちは!

まーちゃんです。

あなたは本業の給料以外に別の収入はありますか?

20代で貯金はほぼ出来ず、しかしそこまでお金について深く考えることはありませんでした。
30代になった時に感じたこと、それは「私、この先大丈夫?」という不安です。

30才になり独身、年収は今までとほぼ変わらない。
この先1人かもしれない・・・。親がいなくなったらどうする?

「お金がない」という悩みです。

友達と話していてもそこまで困っていなさそうだし、
今まで自分だけがこの悩みで不安に陥っていると思っていましたが、意外と同じ悩みを持っている女性がたくさんいることです。

・20代の就職活動の時は、30才はバリバリのキャリアウーマンで働いているって思っていたこと。
・20代より30代になればお金に余裕ができていると思っていたこと。
・20代後半までに結婚していると思っていたこと。

もっと計画的に考えて行動すれば良かったと後悔しました。
しかし今だからそう思えるだけであって20代の時は考えたことはありませんでした。

20代のときはWワークで夜の仕事をしたこもありましたが、
段々体力的にキツくなってきたことと、いつまでこのWワークを続けるのか・・・。
残業で遅くなる日は働くことができません。
20代後半でWワークしているときはかなり体力的にも精神的にもキツかったことを覚えています。

そんなにお金がないって何に使っていたのか検証してみます。

——————————————————————
まーちゃん(30歳、独身、大阪在住の一人暮らし)
仕事は、食品卸のマーケティング(勤続年数5年)

1ヶ月の給料:約22万(総額)

毎月引かれる金額(おおよそ)
・税金:6万円(社会保険)
・家賃:6万円(家賃補助は29才までなので無し)
・光熱費:1万円
・ケータイ代:1万円(電話とネット)
・雑費:5千〜1万(シャンプーとかドラッグストアで購入するもの)
・食費:2万円
・習い事:1万円
・交際費:2万円
・コンタクト:5千円
・その他:1万(化粧品や服とか)

◼︎合計:21.5万
—————————————————————–

ほぼ給料残りません・・。
終電逃してタクシーとか後輩にご飯を奢るなど例外が起こると赤字。
友達や彼氏と旅行に行ったり、誕生日プレゼントを買うとなると大赤字。
ましてや病院などに毎月行くとなるともう全く足りません。

もうクレジットカードのリボ払いです。
毎月このぐらいの出費なのでリボもなかなか減らず増えていくばかり・・。

見てもらうとそこまで贅沢な生活はしていません。
ドケチ生活でよければ削るところはありますが、私はそんな生活は嫌です。

しかしこれが現状・・・。
30才でここまでカツカツの生活だと本当に毎月給料日に不安になります。

あなたはどんな生活をしていますか?
実家であれば余裕で暮らせますが一人暮らしだと死んでしまいます。

30才になった私はWワークを決意します。
夜の仕事は体力的にキツイので家でパソコンでできる副業を探します。

ここから私の人生が大きく変わっていくことになります!
次はどんな副業があるのか、まーちゃんは何を始めたのか書いていきたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です